手鳥足鳥

興味を持った事を、手さぐりに、テトリアシトリ、書きます。

ドラマ「カルテット」で注目するモノ、キーワードなど

 

f:id:pisco:20170130000832j:plain

 

「カルテット」には、毎回強調されるモノやキーワードがいくつかあります。

これから毎話出てくる気がするので、意識しながら見たらより楽しめると思います。


1 4つの「嘘」

作品のテーマにもなっている「嘘」。これからどのように暴かれていくのでしょうか。


2 「みぞみぞする」

すずめちゃんが口癖のように言う「みぞみぞする」というワード。

「ゾクゾクする」とも「そわそわする」とも違う「みぞみぞする」。

これからどんなシチュエーションで使われていくのでしょうか。


3 演奏前の癖

ドーナツホールの4人の 演奏前の癖が、毎回必ず描写されます。

癖には無意識が現れるといいますが、この癖には、なにかしら意味があるのだと思われます。

 

4 食べ物(揚げ物中心?)

 深夜ドラマにあるまじき、おいしそうな食べ物の数々。しかも揚げ物率が高く、おなかがすきますね。

から揚げのレモンやポテトの使い方など、伏線などにも使われていて、見逃せません。

5 色

壁の青緑色がとてもおしゃれです。

2話ではさまざまな食べ物や服が対比していて、脚本とリンクしていて驚かされました。これからもきっと色による演出が度々あるのではないでしょうか。

6 曲
1話の「ドラゴンクエスト」の「これからパーティを組む四人を暗示する」ように
様々な場面で、使われるカルテットの生演奏。

音楽に詳しくないのですが、何気ない場面で流れる音楽も、何かを暗示しているのかもしれません。

7 萌え

カルテットは「ラブサスペンス」ですが、逃げ恥に負けないくらいのムズキュン要素がところどころちりばめられています。毎回萌え殺されましょう。

8 ゆるいSNS

萌え殺される要因の一部にある妙にゆるい「カルテット」のtwitterアカウント

 

 

SNSがラブサスペンスとは思えないほど緩くてほっこりする内容です。

現場の雰囲気も良さそうなのは、近年の名作の特徴なのかも

しれませんね。

 

この8つに注目したら、もっと楽しめる事間違いなし。ぜひ、注目してみてください。